4kidshahaの日常

当ブログは日常のちょっとお得な情報や子育てで感じたこと、気づいたこと等々フリージャンルで更新していきます。

時々 引きこもり

持病の股関節痛が悪化し、普通にできていた歩行に

困難を生じ始めました。

それに追い討ちをかけるように家の中で転び

膝の怪我、そして更に職場では

セロテープ台を落としてしまい

足の甲を怪我してしまいました。

これらのことから益々歩行が困難に・・・

仕事は行くけど動きは鈍く

周りには迷惑かけ通しです。

 

職場は保育園なので

びっこを引いて歩くなんて

元気な姿を見せられない保育士なんて

邪道です!

気持ちは落ちるに落ちて

メンタル面は最悪。

 

でもここまで落ちると

何に対してもどうでも良くなってしまい

仕事も休みがちに・・・

幸い有給が余りに余っているので

消化できますが、休んだからといって

気持ちも体も改善されるわけでもなく

逃げれば逃げるほど辛くなる。

 

「明日はどうしよう?」と

今日引きこもった分、明日が怖くなるんです。

このまま時間が止まるわけないのに・・・

 

だから私は思い切って職場の上司に話しました。

「もう頑張れない」と。

勿論、辞めることも視野に入れて。

そしたら、「できないことはやらなくていい。」

「無理なら休んでいいから。」と言われました。

そして、上司だけでなく同僚からも

「居てくれればいい。」と言われました。

 

私は戦力になれないことに

ずっと負い目を感じていたので

職場の人達の言葉がすごく染みました。

それでも負い目は常に心の中に

あるし、気持ちにも日々波はあります。

だからまた、落ちてしまうかもしれない。

だけど前向きになれる時間はあるのだから

その言葉に甘えていいのかな?

と思えるようになりました。

 

いくら自分自身であっても

心と体は別物なんです。

できると思っても体が動かなきゃ

無理なんです。

また、体が動いても心が悲鳴を上げたら

それも無理なんです。

 

気持ちが沈んだら無理せず

時間の流れに任せて

その次のことはそこから

考えるようにしたら

出口に近づけるかもしれません。

 

私はメンタルの弱さと

体の不自由さと共存しながら

できることを前向きにこなしていきたい。

時々 引きこもりながら・・・

今はそう思えるようになりつつあります。

 

なかなか今の時代難しいとは

思いますが

一人で抱え込んで辛いなら

人に話すことをしてみて下さい。

意外と自分のことを見ていてくれる

人って居るんです。

でもそれは自分から歩み寄らなければ

気づけないこと・・・

心に閉じ込めた声を

少しの勇気で発することで

周りも自分も変わるかもしれません。

 

逃げるのも休むのも

悪いことじゃないです!