4kidshahaの日常

当ブログは日常のちょっとお得な情報や子育てで感じたこと、気づいたこと等々フリージャンルで更新していきます。

箱根駅伝2021

今年はコロナ禍での箱根駅伝ということだったので

執り行われるか心配もありましたが

予定通り行われました。

一日目は創価大学の往路優勝。

二日目は最後に駒澤大学に首位を

逆転され総合2位となりました。

それでも初出場から6年での快挙。

 

箱根駅伝に出場することだけでも

凄いことなのだから

準優勝した創価大学は

本当に素晴しいです!

 

我が家は長男が箱根駅伝を目指す

長距離ランナーなので

毎年 正月は楽しみに観戦しています。

 

今年は長男が大学の寮に入り初めての正月

 

長男の通う大学は予選で敗れ

出場はできませんでしたが

日々努力を重ね、駅伝部が一眼となり

夢に近づく為に頑張っています。

 

その長男が夏以来

半年振りの帰省です。

 

我が家は下の子達も陸上クラブに

所属しているので

兄の帰省で一緒に走れることが

嬉しいらしく

早速 指導を受けています。

 

次男は特に兄の背中を見て憧れ

今は同じ道を夢見ています。

過酷な競争の世界ですが

自分で決めて本気で進むのであれば

頑張って欲しいものです。

 

でも長男は「好きなことをするのがいい」と

下の子達に伝えていました。

自分が「これだ!」と思うことを

精一杯やればいい!と。

 

長男は少し前から不調のようです。

(好調時は頻繁にLINEでのメッセージが

届きますが、ここ最近は音信不通でした!)

思うように距離もタイムも伸びず・・・

それでも寮生活なので

絶好調のライバル達との共同生活。

言葉にはしませんが

心は不安と絶望でいっぱいだったと思います。

 

帰省して不調を打ち明けましたが

弱音は吐かず 前向きな笑顔です。

 

目指すものへの気持ちが強く

きっとその気持ちが

夢へ立ち向かわせているんだと

思います。

 

母は股関節に持病があり

走るどころか歩くことさえ

困難な時があるので

長男の走る姿は『夢』なんです!

(ここだけの話ですが)

母にとって全く縁なのない

『走る世界』

ここが長男の生きる場所なんです。

 

夢が叶うかどうかなんて分からないし

保証だってない・・・

でも自分の生きる場所を見つけたから

自分を信じて真っ直ぐ突き進んで行く。

これこそが一番大切なんだと

母は改めて実感しています。

 

「やってみなきゃ分からない・・・」

そんな風に物事を考え、行動することで

得られる何かがあるかもしれない!

 

2021年も長男にとって険しい道のりが

続くと思います。

でもその為に行動したことは

きっと大きな何かを得る為の準備期間。

 

決していいことばかりじゃないけど

それも前に進んで行く力になる。

長男の姿から母はそんな風に思います。

f:id:milksoylatte:20201006120039j:plain

f:id:milksoylatte:20201006120343j:plain